ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

ユーコンノミニーに申請する為の婚姻証明

スポンサーリンク

今回私たち夫婦は、夫→観光ビザ、私→ワーホリビザでユーコンに来ています。

なので当然私が働いて私がユーコンノミニーの申請をするのですが、その際に配偶者がいる場合には一緒に申請が出来ます。更にノミニーの承認がおりると、配偶者にはオープンワークパーミットが貰えるようです。オープンなので好きな所で働けるし、何なら自営業でも良いという事ですよね?(そっちのが条件良くなってないか⁈と思ってしまうのは私だけ?)

f:id:YukonWhitehorse:20180114152238j:image


というわけで、夫との婚姻関係を証明する為のドキュメント(marriage certificate )を提出する必要がありますが、婚姻証明って日本では作っていない事をみなさんご存知でしたか?
私は知りませんでした‼︎
婚姻届を提出した時に、受理証明書を貰ったのは覚えているのですが、これは夫の職場へ扶養手当の申請をする為に使って以降どこに行ったか記憶がありません。。(そもそもそれが有効なのかも分からないですが)

どうしたものかと領事館のホームページを見てみると、ナント領事館では発行してくれるみたいです‼︎国内では必要ないから発行してないんですかね。
情報収集中に、電話で申請して郵送してもらえるよーと書いてあるブログも見つけましたが、私が領事館のホームページを見る限りは本人もしくは代理人が来館しないと発行してもらえないように読み取ったので、もし必要な方はまず領事館に電話で確認してみた方が良いと思います。

 

そしてユーコンには領事館はありませんので、わざわざバンクーバーとかまで行かないといけないの⁈と思ったら、戸籍謄本の提出でも大丈夫なようです。他にも出生証明書?とかも日本では作っておらず、全ての情報が戸籍謄本に集約されてるって事ですね。

 

という事で、私は日本から送ってもらった戸籍謄本をこちらで知り合った日本人の(フリーで翻訳のお仕事してる)友人に英訳してもらいました!
英訳した場合はカバーレターも付くのですが、そこにもキチンと日本では婚姻証明書はなくてこれが最も重要なドキュメントですと書いてありました。
更に更に紹介してもらった日本人の方にその英訳に公証印?を押してもらって完璧です。多分。(まだ申請してないのでね。)
こちらに来てからと言うもの、本当にいろんな人に助けてもらってばかりで、感謝感謝です。
ちゃんと恩送りしていかねば☆

 

 

婚姻と言えばですが、実は明日は私たち夫婦の結婚記念日です♪

f:id:YukonWhitehorse:20180114152532j:image
お祝いだし奮発してレストランでディナーだー!と張り切ってネットでどこのレストランが良いか調べていましたが、さすがユーコン

日曜日に営業しているレストランがありませんでした。。
このオチ前にも経験したような…
早くYukonerになれますように。