ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

ユーコンに来て9ヶ月目で時差ボケして気づいたはなし。

スポンサーリンク

ここ数日ユーコンはとっても天気が良いです。今週一週間は最高気温がプラス5〜6度の予報となっています。
なので道路の雪もほとんど溶けました!
f:id:YukonWhitehorse:20180313135419j:image
融解剤だけだとあまりに大量に必要で財政的にキツイからなのか、はたまた何か素敵な理由があるのかは謎ですが、ユーコンでは砂利も道路に撒いています。なので雪が溶けてくると道路が砂利混じりのビチャビチャ状態でなんとも汚らしいです。
 
歩道にはまだまだ雪の山もあります。
f:id:YukonWhitehorse:20180313135439j:image
 
こんな感じなのでまだしばらくはお気に入りのブーツは履けそうにありません。
そして全ての雪が溶けきる前に気温が下がって凍ると危ないので、なんとか今週中に溶けきって欲しいところです。春よ来い〜♪
 
 
 
さて、本題。
日曜日からサマータイムが始まりました!
サマータイムを導入していない期間が約4ヶ月って短すぎません?なんならその約4ヶ月間をウィンタータイムとして1時間遅らせれば良いのに…とかポンコツ脳は考えてしまいますがそうはいきませんね。世界基準大事ですね。
 
そんなこんなで、日曜の明け方に1時間時間が早まりました。日本との時差は16時間となりましたね♪
これまでの朝
f:id:YukonWhitehorse:20180313135512j:image
サマータイム始まってからの朝
f:id:YukonWhitehorse:20180313135531j:image
 
1時間の差って大きいですね!
IPhoneが自動的に時間調整してくれたおかげで寝坊する事なく仕事に行けましたが、漏れなく寝不足で不調でした。
しかも、たった1時間早まっただけでこんなに体調悪くなります?!ってレベルに。そう、もはや時差ボケレベル。
軽度の目眩と倦怠感。そして謎に脚が筋肉痛のようなダル重感。。。
ユーコンに来た時は、フィリピンから来たので(間で無駄に大阪経由しましたが)16時間差でしたが全く時差ボケはありませんでした。
今更時差ボケを経験することになるとは。
夜まで不調が続いたので、日曜日は久しぶりに早く寝ました!20時には入眠してた気がします。
一度トイレに目覚めたものの、10時間以上眠れたので今日は絶好調でした♪
 
 
やっぱり睡眠て大事ですね。ストレスが溜まりにくいというか、気持ちが前向きになるというのか、いつもより心に余裕があるような気がしました。
仕事中にそんな事を考えていたのですが、そういえば日本にいた頃はそんなに長い時間眠れなかったことを思い出しました。
平均睡眠時間は5〜6時間で目覚めると同時に、早く夜になって眠りたいと思いながら通勤していた記憶があります。一度に8時間以上寝ると体調が悪くなる事を体が覚えているのか、休日でも8時間経つと大抵目覚めてしまっていました。もちろん二度寝三度寝して 貯眠?!していたつもりでしたけど。
そして睡眠が大切という事は理解していたけれど、なれるものならショートスリーパーになりたいと願っていました。
 
日本(特に東京)はいろいろと研ぎ澄まされていて、分単位なのか秒単位なのかは知らないけれどそういった速さで刻一刻と世界が変わっていたような気がします。
そこで生きていくには自分もそのスピード感に乗って生活していかないといけないと潜在的に感じていたのか、環境が自分を急かしていたのか。生き急いでいるって言葉は東京のことを指すのかも。
ってもちろん私が他人の作った流れに乗ろうとしていたからそう感じていただけですけど。
そんな世界(東京)を作っている(まわしている)人たちにとっては普通の速度なんでしょうね。
 
なんだか話が広がり過ぎてしまいましたが、やっぱり睡眠は大事ってところで着地したいと思います。
時間はみんな平等なので睡眠時間さえ削れれば出来る事が増えると思ってしまいがちですが、まず睡眠時間をきっちり確保する事を心がけたいと思います。
そして残りの時間で超効率的に動けるように。
…そんな事を考えるとやっぱり時給で働くのって非効率だなぁ。。。なんて。今の私が言えるコトバじゃないですね。チャンスをもらえているだけでもありがたい状況でした。
ユーコンに感謝!
って事で着地っ \⚪︎/