ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

ユーコンノミニープログラム申請してきました。

スポンサーリンク

 
ついに申請書類が全て揃ったので、提出してきました!!
 
事前に、窓口のスタッフはあくまで受け取るだけで書類についての確認や質問は受けられません
という注意書きを見てはいましたが、本当にただ手渡ししただけで何かにサインをするとか、後ほど担当者から連絡しますとかも言われなくて
かなり拍子抜けでした。
普通にえって言っちゃった気がします。
建物に入ってから書類を渡すまでの時間より、その後お手洗いをかりた時間の方が断然長かったと思います。
 
そんな感じで、こちらとしては
ついに提出できる!とドラマチックな状況であったりしましたが、本当にあっという間の出来事でした。
 
 
申請書類の備考欄的なところには、
書類を受け取ってから8〜10週間で承認される
と書いてありましたが、ユーコンのサイトには
書類を受け取ってから12〜14週間で承認される予定
と書いてあります。
 
どっちが本当なのかと思っていたら(もちろん速い方に期待していた)書類を受け取りましたというメールに、今は12〜14週間かかりますと書いてありました。
 
備考欄に書いてありましたが、この目安はあくまで目安なので、同時期に申請者が殺到した場合はさらに遅くなる場合もあるとのこと。
手続きは申請した順で行われるので、ビザの残存期間によって優遇してもらえる(残り期間が短い人は優先して手続きを進めてあげようとか)ということも表向きないようです。
 
私はなんだかんだ書類の準備に時間がかかってしまったので、残り期間は14週間とちょっとです。
周りの友人の中では、言われていた目安よりも大分早く承認されたという人もいたので、承認しましたの連絡が1日でも早く届く事をひたすら祈るしかないですね。
 
 
f:id:YukonWhitehorse:20180315123904j:image
 
 
 
とはいえ、万が一書類に不備があって再提出の必要が発生したら、きっと一発アウトですよね。。。
会社側でもいろんな書類を準備してくれていたし、知人友人がたくさん助けてくれて出来た書類もあリます。
日本では母が、24時間体制かって程のスピード感で動いてくれました。
それらを絶対に無駄にしたくない。
ていうか絶対無駄にしちゃいけないですよね。
提出前に何度も確認したし大丈夫だとは思いますが、この不安な気持ちは承認されるまで続くんでしょうね。
寿命縮まるわ。
 
 
何はともあれ無事提出し終わったので、次なるステップである永住権申請の準備もぼちぼち始めるのと、無事にノミニー承認されたら、私が提出した書類に関してなどもまとめて記事にしたいと思います。
 
あっそれよりまずはタックスリターンやらないとでした。。。
無料のソフトでやろうと思って登録している最中なのですが、どうしても夫のSINを入れないと先に進めず足止めくらっています。
夫は観光ビザで滞在しているだけなので当然SINは持っていないし、別居という事で進めてみても入力は必須なようで、、、どうしたものか。
 
 
夫といえば、書類提出をし終わって気が抜けたのか、絶賛体調崩し中です。
私が仕事中にも引越し作業を頑張ってくれていたし、引越してからは毎日凝ったお料理も作ってくれていたし。
そりゃ疲れも溜まりますね。
 
 
しっかりしている人って、自分を上手に甘やかせない人が多いように思います。
自分を犠牲にすることで周りに幸せを与えようとする。
しかも、その瞬間に自分を犠牲にしているという自覚がない。
 
私は逆で、本能的に自分第一で動いてしまうので(それはそれで大問題‼︎)そういう人にどう声をかけたら、自分が頑張っているラインと頑張りすぎているラインの境目を見極めてもらえるのかが分からずモ、ヤモヤすることがあります。
 
私が自分第一で動く(まず自分が幸せじゃないと周りを幸せにはできないと思っている)からなのか、私の周りには頑張り屋さんが多すぎます。
これってもしや私のせい?とか思ってしまう事もたまにあります。
私がもっと周りを優先して動いたら、みんな自身をすり減らずに済んだり?!とか。
 
 
…ってノミニー申請しましたって内容から随分と脱線してしまいました。
 
それもこれも、ユーコンの日が伸びたせいですね!
もう20:30ですが外はようやく薄暗くなり始めた感じです。
 
 
f:id:YukonWhitehorse:20180315124032j:image
 
 
1日が長く感じるのはありがたいですが、前回書いたように睡眠時間はしっかり確保して
いつでも心身健康状態を維持したいと思います♪