ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

ユーコンで初めてのタックスリターンと春の色。

スポンサーリンク

やっっと終わりましたー!タックスリターン
まだ日本にいる頃カナダ生活について情報収集していた際に、タックスリターンなるものがあって(日本の確定申告と同じ感じです)ワーホリで来た人なら(投資や医療費控除とかないだろうから)自力で提出できるという情報を見ていたので、当然自分でやるつもりでした。
コワーカー(カナダ在住歴6年)が毎年代行会社に依頼していて、難しいから自分でやろうなんて考えたこともないような感じだったのでさすがに一瞬怯みましたが、結論代行会社に依頼するほどではありませんでした。
 
日本と同じで、書類に記入して提出しても良いし、ネットで申請する事もできます。
最初は書類に記入するつもりで郵便局から用紙をもらって来ていたのですが、あまりにぎっちり英語が詰まっていてこれは大変かも…と思いネットで申請する事に。
スーパーなど至る所で確定申告用のソフトが売られているので、それを買わないとダメなのかな…(これ買うなら金額大して変わらないし代行会社に依頼した方が断然コスパ良いじゃん)と思いネットで情報収集していると、どうやら無料のソフトもあるとのこと!
もともと有料で売られているソフトの簡易版のような感じで、ワーホリで来た人なら簡易版でも事足りそうだったので早速登録しました。
 
最初に個人情報を入力した後は、一問一答のような感じで質問に答えていき、その後会社からもらったT4を見ながら収入額や税額を入力していきます。このT4というのがとても親切で、それぞれの項目に項目名と番号が振られています。タックスリターン申請用紙の記入欄にも同じく項目名と共に番号が書いてあるので、どこにどの金額を書けば良いかが一目瞭然なのです!なのでさくさく入力できました。
そして入力していきながら還付額が計算されていくのですが、思ったより高額で驚きでした。
カナダではお仕事を始める前にあらかじめタックスリターンに関する用紙を会社を通して提出します。たしかそれを元に税額を予測&計算して毎月徴収されている感じですね。なので用紙に記入した当初の予定(週何時間で時給いくらとか)より多く働いていれば追加で税金を払う必要があるし、予定より働いていなければ還付されるって感じだったと記憶しています。
私の記憶が正しければ、私は年間通して見た時に予定より働いてなかったってことになるのか?!夏はめちゃくちゃ忙しくて毎日残業だし週6で働くこともあったのに…やっぱりユーコンの夏は短いってことですかね。本当に無料ソフトが計算した金額が戻ってくるならもはや理由は何でも良いですけど♪
 
ユーコンに住んでいると、他の州にはない特別な控除があったりもするらしいです。家賃控除とか、子供関係とか。
日本だとめちゃくちゃ調べないと国や自治体からのお得な特典って見つけられないイメージでしたが、こちらでは(英語というハンデがあっても)そこまで苦労しないで見つけられる気がします。来年以降はタックスリターンの中身も複雑になっていくだろうけど、自分のことだしきちんと調べて自力でやっていきたいなと思います。
 
 
 
ここ数日の雪でやられたのか、久々にバスに乗って何か菌をもらってしまったのか、風邪気味です。多分。
鼻水鼻ずまり、喉痛い。。まぁもともと風邪ひきにくい上にひき切らずに風邪気味止まりで終わる事が多いので、喉痛はすでに治りかけているし鼻も明日明後日には通常営業に戻る予定ですが。今ブログを書きながらくしゃみが何度も出ています。これは風邪じゃないかも?!と嫌な予感…
 
日本にいた頃は風邪とか病気はほとんどした事ないくせに、アレルギーだけは結構持っていました。こちらに来てだいぶ体質が変わってきている気がするのですが、
花粉症はどうなるんだろう…日本とは花粉の種類が違うみたいだし、ユーコンアスファルトが少ないからそこまで舞い上がらないって聞いたけれど。
日本にいたら今頃絶賛発症中だから、今年は花粉症なしの春を20数年ぶりに迎えられるってことかしら。
いや、そもそもユーコンの春っていつなの?もう春?どうしても桜のピンクと草木の緑を見たら春って感じがしてしまいます。
ユーコンはまだ白いです。