ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。また私の趣味に関する事も書いているので、カテゴリー欄より興味のある項目を選んで覗いてもらえたらと思います。

日本の手厚いサービスに助けられました。

スポンサーリンク

お久しぶりです、少し間が空いてしまいました。

 
このところいろいろな事でバタバタしていて、夜も遅くまで起きていて寝不足で
夕食の後にコーヒーを飲んで何とかその日出来る事をこなして…
と過ごしていました。
 
数週間前から、友人夫婦とのご飯会スケジュールが合わずリスケを繰り返していたり
お家に遊びに行きたい、と自分から言っておいて行く行く詐欺のようになっていたり
なかなか思うようにタイムマネジメント出来ていません。
 
まだしばらくバタバタは続きそうですが、日本にいた頃のように忙殺されている感は全くなく
ユーコンの風や太陽を感じながら生きています♪
 
 
そうそう、ユーコンはここ数日夏の陽気です。
夕方頃に最高気温となるのですが、20℃を超えていたりします。
 
昨日は今シーズン初めての半袖でお出かけしました。
去年ダンプで拾ったヒールにロールアップしたデニムと、寒がりの私にしては
かなり肌を露出した感がありますが、快適でした。
流石にスーパーでは寒くて凍えましたが。
 
 
 

 

 
 
日は日本のカスタマーサービスに助けられた話です。
 
みなさん読書は普段どのようにしていますか?
本屋さんで購入しますか?それとも電子書籍?はたまた図書館で?
 
私は主に英語学習のために本を読む事が多いので、子供向けの本や漫画を図書館で貸りたり
小説に挑戦する時は、書き込みができるように古本屋さんで購入しています。
 
 
日本ではミニマリストという考え方から、海外に住む方にとっては日本の書籍を手に取る手段として
電子書籍はかなり普及していると思います。
 
私は日本にいる頃はそこまで熱心に読書をするタイプではなかったのですが
何となく流行に乗って?電子書籍リーダー(kobo)は持っていました。
その時は、のちに自分が海外移住をして大活躍する事になるとは夢にも思っていませんでした。
 
 
現在は夫の読書パートナーとして大活躍しているkoboちゃん。
先日夫が好きな作家の新作が発売されたとの事で、早速購入しました。
 
いつもなら普通に日本語で検索をして購入するのですが、その時は直前まで英語でネット検索をしていたからか
英語で本の検索をして(本自体も英語の小説でした)価格表示がカナダドルな事にも全く違和感を覚えず
新たにカナダのクレジットカード情報を入力して購入してしまいました。
 
 
結論を言ってしまうと、kobo楽天電子書籍)は日本版と海外版サービスが別になっているようで
一つの端末で二つのアカウントに入っている本をまとめることは出来ないそうです。
 
なので、新たに購入した本をkoboで読めるようにアカウント設定をしたら、今まで日本版で購入してきた
書籍のデータが全て消えてしまいました!!
 
 
自分がぼーっと何も考えずに、いつもと違う方法で購入してしまったのが事の発端なのですが
日本のカスタマーサービスに問い合わせたところ、なんと海外版で購入した本のキャンセル手続きを行ってくれました。
電子書籍でも返金とか出来るのですね‼︎
 
そして日本版の楽天で再度同じ本を購入し、koboも日本版のアカウントでログインし直したところ
無事に購入済みの全ての本が見られるようになりました。
 
 
問い合わせはチャットとメールで行えたのですが、思ったよりも対応が早く
しかも別のサービスなのに楽天側でキャンセル手続きを全て行ってくれて
とても手厚いサービスだなと感じました。 
 
ユーコン(カナダ)に来て、あまりカスタマーサービスなどに期待しなくなったのかわかりませんが
以前日本のアマゾンで購入した商品がなかなか届かなかった時の対応も今回も
日本のサービスって本当に手厚くてありがたいなと感じられるようになりました。