(カナダ)に移住してみたブログ

2017年夏に夫と2人ユーコンに来て、2019年に永住権を取得しました。ユーコンの自然に魅了されてから環境問題に意識が向くようになり、ゴミを減らす方法やアップサイクルに興味があります。今は古着や廃材を使ったハンドメイドをお仕事にしようと奮闘中です。

エドモントン生活15日目

スポンサーリンク

エドモントンに引っ越してきて2週間が経過しました。
 
先週末で引越しの後片付けを完了させるつもりで意気込んでいたのですが、先週末はまさかの大雪!
 
f:id:YukonWhitehorse:20201116142042j:image
f:id:YukonWhitehorse:20201116142039j:image
 
大粒な雪と強風で、バルコニーに置いてあったゴミ箱はゴロゴロと転がり
ついには破壊されていました。
 
f:id:YukonWhitehorse:20201116142105j:image
これは降り始めで、まだ健在のゴミ箱。
 
 
流石にこの雪でお買い物に出るのは心配だから、車での外出は控えようと夫に説得され
それでも食材の買い出しは必要だったので、徒歩で近所のスーパーへ行きました。
 
徒歩10分かからないくらいの道のりですが、マスクで眼鏡が曇る中
風が強くて目に雪が刺さるという謎の攻撃を受けながらの歩行は地味に辛かったです。
 
 
片付けを完了させるための収納グッズを買いに行きたかったのに、完全なる足止めをくらい
出鼻を挫かれる形で週末がスタートしたわけですが、
翌日はなんとか雪は止んでいたので、今日こそは!と買い物に出かけるつもりでした。
 
しかし!!
 
車のエンジンがかからない!
購入してまだ3日の車のバッテリーがお亡くなりになっていました…
 
 
windchillですら−20℃には達していない位の寒さだったので、気温が低すぎたというよりは
中古車なので、バッテリーが古く既に寿命だったのかもしれません。。
 
引っ越してきて色々トラブルがあった中で、良い感じの車屋さんで車が買えた!と喜んでいたのに
(バッテリーの寿命は目で見て分かるものではないようですが)実際は騙されていたのかも…
と思いゲンナリ
 
向かいの駐車場を使うご近所さんがジャンプケーブルをつないでくれ、さらにバッテリーチャージャーを貸してくださり
なんとかエンジンはかかりましたが、またいつかからなくなるかは分からないので
結局お買い物には行けず、日曜日も過ぎていったのでした。。。
 
 

 

 
 
全く何の進展もないまま週末が終わり、エドモントンに来てから何1つ順調に事が運ばないな…
と少し鬱々とした状態で今週がスタートしたのですが
 
今週からフルタイムで始まった縫い子のお仕事が、控えめに言って最高でした!
 
 
小さな家族経営の会社で、車のシートやボートのカバーなど室内装飾を作ったりリペアをしているのですが
オーダーはカナダ全土だけでなく海外からも来るそうです。
まだよく分かっていませんが。
 
スタッフはみんな優しく、待遇も超ホワイト企業って感じです。
 
会社自体は月〜金と土曜だけ半日の営業なのですが、縫い子は基本的に月〜金で
やる事が多いと土曜日も出勤要請がかかります。
 
しかし超ホワイト企業なので、納期よりもスタッフが優先なのか
土曜に出るか出ないかは本人次第ですし、時間も本人次第です。
 
平日も基本残業はなく、取り掛かっている物が途中でも時間がくればおしまい
といった感じで、営業時間終了30分後には全員退社していそうな勢いです。
 
そしてこれがカナダ式なのかは分かりませんが、お昼休憩(30分)の前後に
コーヒータイム(各15分)があります。
 
 
日本での経験や、ユーコンでのハウスキーパーの経験と比べると天と地ほど違うので
なかなかのカルチャーショックです。
 
まず休憩し過ぎでしょ!と初日に思いましたが、よくよく考えたら合計1時間の休憩ですしもう既に慣れました←
 
 
初日に、自分がリペアをするように指示されたものがいくつかあったのですが
私は当然今日指示されたものは今日中に仕上げるものだと思い、取り組んでいました。
 
しかし終業時間になると、終わりだよーと声がかかり
あと少しで終わるから!と縫い続けていたのですが、明日続きからやれば良いよーもう帰る時間だよー
と半ば追い出されるような感じで退勤したのが終業時間30分後でした。
 
私にとっての残業30分は残業ではないというか、大したことではないと思っていたのですが
ここでは完全なる残業のようです。
 
初日以降は毎日ノー残業で帰っています。
 
 
そして入社早々、大物のお仕事が入っていたようで
土曜日の出勤要請がありました。
 
ハウスキーパーで週7連勤の経験と比べると、デスクワークに近い縫い子で6連勤なんて全く大したことはなく
しかも翌日日曜日は会社自体がお休みということで、休日が確定している安心感もあるので快諾しました。
 
ミシンが触れるなら毎週6日間でも良いです!しかもお金までもらえちゃうし!♪
といった気持ちで
もはやルンルンした気持ちで土曜日も働いていました。
 
8時間やればギリギリちょうど終われそう!という感じだったので、程よく自分を追い込みつつ取り組んでいたのですが、残り30分くらいのところから
全部やりきれなくても良いんだからねー
と社長(オーナー?)から声がかかりました。
 
大丈夫!ちょうどやり切れると思う!
と言い縫い続けたのですが、さらに15分ほどすると
帰りたかったら帰って良いんだからねー
と念押し。
 
もしかしたら、営業時間自体は過ぎているので
私が帰るまで社長(オーナー?)も帰れないから、むしろ帰って欲しいのかも?!
と思い、本当にあと少しのところで止めるのは嫌だったのですが
直ぐに切り上げて帰ることにしました。
 
しかし帰り際、奥の作業場を見ると社長と他のメカニックっぽい人は依然として作業をしていました。
 
他の縫い子は営業時間に合わせて帰宅していたので、きっと私だけ残っているのを心配してくれて声をかけてくれたのかもしれません。
 
 
もう本当に環境が良過ぎて、仕事に関してだけはエドモントンに来て良かった!
と現時点から声を大にして言えますね。
あ、あと食材に関しても日本食が手に入りやすいので良きです。
 
 
 
そんな訳で無事お仕事1週目が終わり、なんとなくペースもつかめてきました。
 
そして今日はようやく念願の収納グッズを買いに行けたので
 
明日からは仕事後の時間を有意義に使い、お片づけとブログ更新を進めていきたいと思います♪
 
 
ブログランキングに参加しています。


カナダランキング