ユーコン(カナダ)でサステナブルな暮らし

カナダのど田舎ユーコンへ移住し、手付かずの自然を前にようやく環境問題への意識が芽生えた30代主婦が 地球も自分も健康的でミニマルな生活を目指すブログです。

お部屋に観葉植物を置いて、空気をきれいに

スポンサーリンク

 
 
物を持たない暮らしを目指しているので、お家の中は割とスッキリしていて
体感的にはあまり埃っぽくもない我が家なのですが、ちょっと心配なことがあります。
 
それが、天井の塗装です。
 
 
いつも夫が掃除機をかけてくれているのですが、今のアパートへ引っ越してきてから
毎回掃除機の中(ゴミが溜まる場所)が真っ白になります。
 
詰まって壊れるんじゃないかというレベルで真っ白になるようで、毎回
掃除機がけの後に、掃除機の掃除が必要なようです。。
 
 
壁は普通の白いツルツルの塗装で、手で触っても白くなることはないのですが
天井(白)はザラザラデコボコした質感の塗装なので、これが舞い落ちてきているのではと思っています。
 
天井にはシーリングファンが付いていて、お料理で匂いが強い時などはよく利用しているので
天井の埃や塗装が落ちやすくなっているのかもしれません。
 
また、結構驚きなのですがエレベーター付きのアパート=鉄筋造と思い込んでいましたが
どうやらこのアパートは木造なようで、エレベーターが稼働するたびにエレベーター側にある(と言っても間にもう一世帯住んでますが)リビングが揺れます。
結構な振動なので、その時にも天井の塗装が落ちてきているのかもしれません。
 
 
もしやアスベスト?!
 
と心配になりメンテナンス担当のおじいちゃんに確認してみたところ、私たちが入居前に彼が塗装を施したようで
アスベストは含まれていないとの事でした。
 
アスベストじゃないことには一応安心ですが、真っ白になった掃除機を思い出すと
これで健康被害がない方がおかしいかも。と思ってしまいます。
 
目には見えませんし何の体感もありませんが、毎日白い物が舞っている空間で呼吸していると思うと恐ろしいですよね。
 
お家でもマスクした方が良いのかしら?!と思ってしまいます。
 
 

 

 
 
そんなわけで、何か対策出来ることはないかと調べていたら
観葉植物に空気清浄作用があることを知りました。
 
観葉植物は、二酸化炭素を吸い取ってくれてマイナスイオンが出るのかな〜くらいの認識だったのですが
 
なんとホルムアルデヒドベンゼンアンモニアなどの有害物質を自然に除去してくれる品種まであるそうです!
 
これはNASAが研究、発表したもので、室内の空気を綺麗にする効果のある観葉植物をエコプラントと呼ぶそうです。
本にもなっていました。
 

 
 
エコプラントはシックハウス症候群の抑制にも一定の効果をもたらすそうです。
 
ウィキペディアを見ると、それぞれのエコプラントがどの有害物質(5つ)を除去できるかが分かる一覧表が出ています。
 
ちなみにその5つがこちら↓
 
 
 
我が家は ホルムアルデヒド と キシレン/トルエン が充満していそうなので、この2項目が除去できる観葉植物が良さそうです。
 
と言っても結構種類が多いので、画像で見て割と馴染みのありそうなものをピックアップしてみました。
 

 
 
 
ドラセナマルギナータ

 

 
 
ポトス

 
 
 
調べていくと、寒さや乾燥に強くないものもあるようでどれがどれだか分からなくなってきました。←
 
室内で育てるとはいえカナダの寒さと乾燥具合だとどうなのかは分からないのですが、、、
 
まぁここで買えるなら育てられるでしょう、という事で
今週末あたりお花屋さん(って近くになさそう)かホームセンターで物色してみようと思います♪
 
 

👇ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♪


カナダランキング