ユーコン(カナダ)でサステナブルな暮らし

カナダのど田舎ユーコンへ移住し、手付かずの自然を前にようやく環境問題への意識が芽生えた30代主婦が 地球も自分も健康的でミニマルな生活を目指すブログです。

魔法のことば”カナダクオリティ”

スポンサーリンク

 
突然ですが、最近暑くなってきたのでお家でも冷たいデザートが食べたくなるじゃないですか?!
プルプルのコーヒーゼリーとか!♪
 

f:id:YukonWhitehorse:20210613113820j:plain

 
そう思って、前に量り売りショップで買ったゼラチンを出してきて作ってみました。
夜作って翌朝冷蔵庫から取り出し確認すると、全く固まっておらず見た目はコーヒーそのものでした。
 
ゼラチンの量か、ゼラチンに溶かす水の量が違っていたのかも…もしくは溶かす水の温度?
それとも(日本のレシピを見ていたので)カナダのゼラチンと日本のゼラチンだと扱い方が違うとか?!
と試行錯誤すること数回。。
 
いつまで経ってもコーヒー(液体のまま)なんですけど!!!!
 
 
これは流石に何かがおかしい…と考えつつ、思ってしまいました。
ここはカナダ。
日本ではあり得ないようなことが起こるのがカナダ(というか外国)ですよね。
 
まさか量り売りショップのゼラチンと書かれていたコンテナに、ゼラチンではないものが入っていたのでは?!
 
流石にそれはないだろう…というかそんなことあるはずがないと思いたい、、、
けどそれしか原因が見当たりませんでした。
 
ちなみに普通のスーパーで売っているゼラチンを買って作り直したら、普通に美味しいプルプルコーヒーゼリーができました。
 
 

 

 

そして今日、別の量り売りショップにてはちみつを購入しました。

f:id:YukonWhitehorse:20210613114145j:plain

最近はずっと同じお店ではちみつを買っているのですが、そこにはリキッドタイプとクリーム(ホイップ)タイプがあって
我が家は固まりにくいクリームタイプを買っています。
 
残り僅かな方が前回買ったもので、満タンな方が今日買ってきたものなのですが
明らかに色が違いませんか?!
 
f:id:YukonWhitehorse:20210613114627j:image
 
お店では大きなステンレスのコンテナにはちみつが入っているので、容器に出すまでは色や残量など分かりません。
 
持参した容器に注ぎ入れ始めて少しした段階で、なんだかいつもと色が違くない?!と夫。
はちみつが固まらないようにかコンテナは保温されていたので、もしかしたら常温になると色が白くなるのかも
となんとなく説得して帰宅したのですが、未だにこの色の差です。
 
これって完全にリキッドタイプですよね。
 
はちみつは2種類しか置いていないのに、めちゃくちゃ分かりやすい色の差なのに間違ったってこと?!
と驚愕する私に夫が、だってカナダだよ。これがカナダクオリティなんだよ。と。
 
そこで完全に腑に落ちてしまって、きっとゼラチンも間違った商品が入っていたのだろうと
自分の中で確定してしまいました。
 
 
カナダクオリティってめちゃくちゃパワーワードというかマジカルワードですよね。
 
そう言われると、そうだよね、ここはカナダだもんね。これがカナダクオリティだ。
と納得できてしまうから不思議です。
 
これはカナダをディスっているだけではなくて(ディスっていないとは言っていません)
出来過ぎた日本のサービスを当たり前と思っている自分に気付かされるという意味でも魔法の言葉だなと思っています。
 
これからも量り売りショップは利用するし、なんなら使用頻度を増やしていきたいところなので
いつかまたこんな事が起きるのかもしれませんが、その時は出たー!カナダクオリティ!!と笑える気がします。多分。
 
 

 👇ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♪


カナダランキング