ユーコン(カナダ)でサステナブルな暮らし

カナダのど田舎ユーコンへ移住し、手付かずの自然を前にようやく環境問題への意識が芽生えた30代主婦が 地球も自分も健康的でミニマルな生活を目指すブログです。

関わる人間はちゃんと選んだ方が良いと再認識した夏。

スポンサーリンク

前回のブログで、夏を楽しむ!と宣言をしてからもうすぐひと月が経ちますね。
いやーあっという間。
 
f:id:YukonWhitehorse:20220815021856j:image
予定していた夫のバースデーキャンプでは、事前に家族と親友にお願いしてお祝いメッセージを送ってもらっていたので
キャンプ中にサプライズ上映をしてみました。
 
驚き過ぎたのか大きなリアクションはありませんでしたが(笑)喜んでくれているのは伝わったのでやって良かったです♪
そして快く協力してくれた家族と親友に大感謝です。
 
f:id:YukonWhitehorse:20220815021912j:image
今年は天気が怪しそうだったのと手数料をケチってキャンプサイトの事前予約はしなかったのですが、その結果トイレ横のなんとも言えない更地を割り当てられたので
今後はちゃんと事前予約しようと決めました。
 
エドモントンに来てからは国立公園内でのキャンプしか経験がないのですが、国立公園の入場料とキャンプ場の使用料、薪の使用料など合わせると
1泊で$50を超えてきます。
 
ユーコンだとキャンプ場の使用料だけでよくて、しかも年パスで$60(当時の値段なので今は値上がりしてます)だったので
こちらに来てキャンプがだいぶ高級な遊びになってるなーと思っていました。
まぁアルバータの方がガソリン代が安いのとキャンプ場もトイレが水洗でお湯が出たりというベネフィットもありますけどね。
 
そんなところで同僚から、国立公園以外で安くキャンプができる方法を教えてもらいました。
まだ情報を精査しているところなのと実際に試していないので、何とも言えないのですがチャンスがあれば検証してみたいと思います。
f:id:YukonWhitehorse:20220815021941j:image
 
 
その他予定していたイベントへの参加も楽しんだのでまとめて写真を載せておこうと思います♪
まずはK-Days
f:id:YukonWhitehorse:20220815022008j:image
開演時にブラスバンドが演奏して迎え入れてくれました。
 
f:id:YukonWhitehorse:20220815022028j:image
こちらではコーンドッグと呼ばれているアメリカンドッグ。
1本$8ってお祭り価格だとしてもかなり強気ですよね。
もちろん日本のコンビニで食べた方が数倍美味しいです。
 
f:id:YukonWhitehorse:20220815022450j:image
このサービスはありがたいですね!
結構マイボトルをちゃんと持ってきている人もいて感心でした。
 
 
 
 
そしてHeritage Festival
午前中から日中にかけて参加したのでとにかく暑かったです。
公園内が広いので無意識で結構歩けて良い運動になりました。
 
日本のブースでは和太鼓の演奏と居合道のデモンストレーションをしていました。
見た目だけで判断するのは良くないのですが、どちらの催しもおそらく日本人ではないだろうと思しき方が多く出ていて
日本の文化に興味を持ったり、それを広げようとしてくれる人がいるってありがたいなと思いました。
 
ちょうどるろうに剣心を見返していたタイミングだったのもあり、やっぱり刀(これはもちろん本物ではありません)ってカッコ良いなぁ…と思いました。単純。
 
 
 
そして今週はカルガリーに行く予定でしたが、ユーコンの友人がエドモントンに来るとのことで予定変更して一緒にディナーを楽しみました♪
f:id:YukonWhitehorse:20220815022327j:image
 
少しの時間でも(だからこそ)わざわざ、
あ、そーいえばhirokoたちがいるから会っておくか
と私たちを思い出して声をかけてくれるのが本当に嬉しいなと思います。
 
そして普段あまりに人とおしゃべりをしないのもあって感受性が敏感になっているのか、友人と会うと話した内容関係なくなんとも言えない刺激を感じました。
 
うまく言えないのですが、日本で生活していた時は人からどう見られるかをすごくすごく(意識的にも無意識的にも)気にして生活していて
カナダに来てみてそれが過剰だったことや、それによって自分を窮屈にさせていたことに気付いたり
自分の軸で生活することの大切さを知り始めました。
 
そしてそれらをコントロールするには物理的に人から距離を取るのが一番シンプルで簡単だろうと思い、荒療治って訳ではないのですが
今のような生活、もっと言えば自分たちが理想とする山暮らしを思い描いていたりします。
 
普段からたくさんの人と接していたらここまで敏感に受けとらないのかもしれませんが、人と接することで多かれ少なかれ受け取る刺激(エネルギー?)ってあるのかなと思うので
好きだと思える人とだけ付き合って行くように、これからも自分軸を見失わないようにしたいなと思いました。
 
 
 
f:id:YukonWhitehorse:20220815022334j:image
何だか夏の話から話がずれてきてしまったので戻します!
 
来月は夫の親友がアメリカ出張ついでにカナダに寄ってくれるらしいので、二人が出会った場所バンフで私も一緒にキャンプをしてきます。
 
夫の親友は私も何度も会って遊んでいるので気を遣っている訳では全くないのですが、せっかく親友と思い出の地を訪れるのなら
男同士2人で行ったら良いのに…と私は単純に思ったのですが、私が行かない選択肢がある訳ないといった雰囲気を当たり前のように出す夫。
そこに愛を感じつつ、結構価値観の近い夫婦なので久々に違いを感じた一面で興味深かったです。
 
YoutubeでバンフTVというチャンネルを見て、バンフ行ってみたいな〜モレーンレイク見てみたいな〜と思っていたのですが
大昔に住んでいた夫は、6年前私がセブにいる間前のりでカナダ入りした時に再訪してみたら
あまりに観光地化されて人が増えてしまったからもう興味ない…という雰囲気だったので
きっと行くチャンスはないのだろうと半分諦めていました。
なので夫の親友の訪問が余計に嬉しかったりします♪
 
 
そして先週ついにワンオクライブに向けて飛行機のチケットを取りました!
 
ホテルはすでにとっていたのですが、飛行機は時間変更や燃油サーチャージなどいろいろ気になって
しかもやっぱり我が家にとっては安くはない出費なので二の足を踏んでいたのですが
ギリギリになって取れなかったりむしろ値上がりしても困るので、意を決して予約しました。
 
予約してしまえば、あとは無事予定通り飛ぶことを祈りつつ最大限楽しむ準備をするだけです。
夫は早速バンクーバーにある日本のラーメン屋さん情報を調べて、行きたいお店を決めていました。
相当楽しみなのか、ランチとディナー両方ここでも良いとか。。
 
 
 
というわけで残り少ない夏もしっかり楽しんでいこうと思いますー♪