(カナダ)に移住してみたブログ

2017年夏に夫と2人ユーコンに来て、2019年に永住権を取得しました。ユーコンの自然に魅了されてから環境問題に意識が向くようになり、ゴミを減らす方法やアップサイクルに興味があります。今は古着や廃材を使ったハンドメイドをお仕事にしようと奮闘中です。

エドモントン生活5日目

スポンサーリンク

エドモントンへ引っ越してきてもう5日が経ちました。いや、まだ5日という感覚ですかね。
事あるごとに夫と、
じゃ、そろそろ(ユーコンに)帰ろうか♪とジョークを言いあっています。←
 
引っ越してきて今一番感じているのが、インド人がとてつもなく多い事です!
中国人はどこへ行ってもたくさんいるイメージでしたが、ここは余裕でインド人の方が多いです。
 
近所にインド食材専門のスーパーもいくつかあるので、インド人にとって住み心地が良いのかもしれませんね♪
 
そうそう、先日行ったモールのフードコートでは久しぶりのインドカレーを食べましたよ。
 
f:id:YukonWhitehorse:20201106113617j:image
 
撮り方もあって見た目は…ですが、カレーもサイドのポテトもとっても美味しかったです!
 
私は日本ではよくインドカレー屋さんに行っていて、インドカレー好きと自負していたのですが
ユーコンで食べたカレーが自分の知っている美味しいインドカレーとは違ったので、きっと私は日本人に合わせて改良されたインドカレーの味しか知らなくて、本場のカレーはまた違うのだと思っていました。
 
海外で売られているお寿司が日本人のイメージするお寿司とはちょっと違うような、そんな感じかなと思っていました。
 
しかし引っ越す前にユーコンで出会ったインド人コワーカーによると、私がユーコンで食べたお店のカレーは
彼女にとってもちょっと違うとのことだったので、エドモントンインドカレーを食べることを密かに楽しみにしていました。
 
特段チェーン店でも人気のありそうなお店でもなかったのですが(度々失礼)とっても美味しくて
やっぱり私はインドカレーが好きだー!と自信がつきました。←
 
 
 

 

 
 
そして引越しの方は、ようやく色々落ち着いてきた感じです。
 
引越しをすると荷物の移動だけでなく、電気やインターネットなど諸々の手続きが必要ですよね。
 
カナダでは車の免許証やジェネラルID(免許を持ってない人向けの写真付き身分証明証)が州ごとに違うので
それらの作りかえも必要になります。
 
そして我が家はユーコンを出る際に一度車を処分してしまったので、
新たに車を購入し→保険に入り直し→ライセンスプレートの登録をして…という流れも必要でした。
 
それぞれにトラブルや思う事があったので、詳細は後日改めて書こうと思いますが
ひとまず全て完了しました!
 
 
それから引越し前から友人や同僚から、どうするのか聞かれていた仕事探しについてですが
こちらも無事終わりました!
 
引っ越してきて数日は、仕事探しどころではない感じにバタバタしていたので
これは今月中に決まれば良いほうかな…と覚悟していました。
 
 
しかし一昨日少し時間があり求人サイトを見ていたら、先月チェックして気になっていた求人が(応募がなかったのか)
詳しい募集要項に編集されリポストされていました!
 
時給は前職より少しだけ上がり、場所もバス1本で行けて通勤時間は30分程でした。
これは!!!!
と思い、早速レジュメとカバーレターを大急ぎで用意して(もちろん夫に添削してもらいました)
一昨日と昨日の境目くらいの時間に、なんとかメールで送りました。
 
そして翌日(昨日)には連絡があり、今日の午後面接という流れでした。
 
 
仕事は、なんと私の好きなミシンを使うお仕事seamstress(縫い子)です!
 
カナダでの職歴はハウスキーパーしかないので、引っ越してきて一発目のお仕事は
ハウスキーパーや清掃員が手堅いかなと思っていたのですが、まさかの縫い子募集があったので
思い切って応募してみました。
 
 
前職ユーコンでのハウスキーパーは一応面接がありましたが、夫ともう1人応募者がいるグループ面談
のような形で、英語も今以上にポンコツだった私はほとんど言葉を発しないまま
消去法的に採用された感じでした。
 
なので今回の面接が、実質初めてのカナダでの面接でした。
 
よくある志望動機や長所と短所、職歴などの質問に答えられるように(ざっくりですが)
準備をして臨みましたが、まさかの面接と言う名の実技試験でした。
 今思えば技術職なので技術試験があるのは当然ですね。
 
会社に入って受付で名前を言うと、そのまま作業場に案内され
縫うものの指示を受けました。
 
工業用ミシンという、家庭用のミシンよりもゴツく馬力のあるミシンで
指定されたものを縫うのですが、突然の試験と久々の工業用ミシンにビビって手が震えました。
 
しかも私が触った事のある工業用ミシンよりもだいぶ古いものだったので、扱いも若干違いかなり緊張しました。
 
 
どの程度まで求められているのかはわかりませんでしたが、正直自分としては全然ダメなレベルで
でも時間を測られているかもしれないし…むしろ縫い直す方が良くないかも?!
と終始ドギマギしながら縫い終えました。
 
そして実技試験後にいよいよ面接…かと思いきや、私が縫ったものを確認するなり
(この会社で作っているものは洋服ではないので)あなたが作ってきたものとは違うけどどう?
と聞かれ、全然違うから慣れるまで練習が必要だと思うと正直に伝えたところ
練習したいと思っているのね、でいつから働ける?と聞かれ
そのまま採用という流れでした。
 
 
全く思っていた流れとは違い、結局カナダでの面接経験は0をキープすることになりましたが
引っ越してきて5日目にして、無事にお仕事をゲットできました♪
 
まさかこんなにスムーズに事が運ぶとは思いもしなかったのでビックリですが
それよりも好きなことを仕事にできる喜びの方がはるかに大きく
握手でもハグでもして喜びを表現したいところでしたが、一応コロナを気にして控えました。
 
そして会社を出るなり、ガッツポーズをしながら車で待っていてくれた夫の元へダッシュしたのでした。
 
ブログランキングに参加しています。


カナダランキング