ユーコン(カナダ)でサステナブルな暮らし

カナダのど田舎ユーコンへ移住し、手付かずの自然を前にようやく環境問題への意識が芽生えた30代主婦が 地球も自分も健康的でミニマルな生活を目指すブログです。

カナダの在庫管理はやっぱりゆるい!

スポンサーリンク

 
 
昨日2月12日は旧正月だったようですね。
 
職場の先輩スタッフ(ベトナム出身)がしばらくお休みを取っていて、この時期に何だろう?と思っていたら
そういうことだったみたいです。
 
ベトナム旧正月をお祝いするのですね。
 
 
 
エドモントンは今週からコロナ対策が少し緩和されていて、レストランでのイートインが復活しました。
 
さっき近所のモールへ行ったら、これまで封鎖されていた
フードコートのテーブル&椅子が使えるようになっていたのですが
早速ほぼ満席でしたよ。
 
f:id:YukonWhitehorse:20210214095431j:plain
f:id:YukonWhitehorse:20210214095440j:plain
 
 
正直しょぼ〜いフードコートなのですが、こんなに人が集まるとは驚きです。
 
 
驚きといえば、このモールはいつ行ってもこういう人がいます。
 
 

 

 
 
 
 
前に遭遇した時は3人組のおっちゃんで、息ぴったり綺麗なUターンをかますので
さらにびっくりしました。
 
マーチングバンドみたいに本当にぴったり揃っていましたよ。
 
実はただのお散歩じゃなかったり?!
 
 
それとフードコートはオープンしても、乗り物はまだダメなようです。
 
f:id:YukonWhitehorse:20210214095534j:image
厳重。
 
逐一消毒するのが大変だからですかね。
 
 

 

 
 
さて今日は在庫管理についてなのですが、
 
コレまではユーコン(田舎だから)うまく在庫管理が出来ないのだと思っていたのですが
エドモントン(そこそこ都会)でも同じような事が起きていたので、
今後在庫管理に関しては主語を大きくカナダとしようと思います!
 
と謎の宣言から入ったのですが、本当にカナダの在庫管理ってゆるいのです。
 
 
スーパーへお買い物へ行き、商品にバーコードがついていなかったり
レジに価格登録がされていなかったりすると、平気でタダにしてくれたりするので
 
その時点で、在庫数なんてそもそも管理していないのかしらと思ってしまいます。
 
お客の立場としては、ただただラッキー♪な出来事ですが。
 
 
 
今日私が愛用しているこちら

湯たんぽが突然破れてしまいました。
 
毎日ヘビーユーズだったのと、結構お湯を目一杯入れてしまっていたので
劣化が早かったのかもしれません。
 
 
そんな訳でモールへ新しいものを買いに行ったのですが、まず1軒目にドラッグストアへ行きました。
 
夫がネットで商品検索をしてくれていたので、販売はされているはずなのですが
見当たらなかったのでスタッフに聞いてみると品切れとのことで、別のお店へ行きました。
 
そちらではスタッフが、確かこのあたりで見たような…と一緒に売り場まで行ってくれたのですが
そこにはなく、パソコンで在庫確認をしに行ってくれました。
 
結果は在庫無しとのことで、
まぁ冬だし売れているんだな
と一瞬納得しかけたのですが、なんとなく気になってふらふらと売り場を歩いてみたら、見つけました。
 
…あるじゃん!!
 
パソコンで管理しているのはなんの数字だったのでしょう…
 
もしや1軒目のお店も、自分で探したらあったのかも?と疑いたくなってしまいます。
 
 
日本の小売店で働いていた時は、棚卸し時の誤差が一桁台じゃないと大ごとだったのですが
 
この感じだとカナダでは絶対1桁では済まなそうで、まさにカルチャーショックです。
 
 
ですが、これがカナダなんだよなと思うと、こんなゆるさも良いよね〜と思ってしまうから不思議です。
 
 
 新しく買った湯たんぽについていたカバーが全く趣味じゃないので、早急に別のものを作ろうと思います。
f:id:YukonWhitehorse:20210214095854j:image
 
 
 

 👇ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♪


カナダランキング