ユーコン(カナダ)でサステナブルな暮らし

カナダのど田舎ユーコンへ移住し、手付かずの自然を前にようやく環境問題への意識が芽生えた30代主婦が 地球も自分も健康的でミニマルな生活を目指すブログです。

イースターホリデーでカナダを体感中

スポンサーリンク

f:id:YukonWhitehorse:20210404054907j:plain

 
今週末は3連休です。
月曜日もイースターマンデーと言って、アルバータではガバメント職員などはお休みのようですね。
先週は土曜日も出勤だった(週休1日)ので、3連休でもだいぶ長く感じられて嬉しいです♪
 
キリスト教徒ではないので特に何もしませんが、春の訪れを祝う意味もあるようですね。
 
ユーコンでは2月の終わりだったかに、無事に冬を越せたことを祝う日があったと思いますが
そういった季節ごとのお祝いというか、自然に感謝する習慣は素敵ですよね!
 
連休ということもあって、我が家はついにジャスパーまで足を伸ばしてみようと思っていたのですが
残念ながらあまり良いお天気ではなかったので、またも延期となりました。
もう少し気候が安定してきたら、改めて計画しようと思います。
 
 

 

 
 
我が家のお散歩コースでもあるアパート裏の遊歩道には、最近カップルの鳥が何組も集まっています。
最初は夫が平日に一人で散歩をしている時に見かけるようになり教えてくれたのですが
 
カモと鶴を合わせたような感じで、鳴き声がちょっと変わってるんだよー
 
と形容していました。
そして週末私も一緒に歩いている時にも見かけるようになったのですが、まさに夫の言う通りの姿形でした。
 
 
余談ですが、私は元々動物が苦手で興味もありませんでした。
これはペットの飼い主から繰り広げられた無神経な言動や振る舞いから出来上がった感情なので、結構根深いです。
 
しかしユーコンに渡り、現地の人間と動物の関係性を見て少しずつ苦手意識が薄れていっている感じで(まだ発展途上)
動物の名前を覚えたり、見分ける力も未だにありません。
 
ユーコンではエルク、バイソン、ムースなど野生の大きな動物を見かけることもありますが
未だにどれが鹿で牛なのかも分かっていません。←
 
これを言うと動物好きの人から、有り得ない!と言うような反応をされるのですが
人の名前や顔を覚えるのが苦手な人もいるし、ほっとけ!と思いますね。
 
 
ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、そんな私なので
この鳥が一体何者なのか全く検討も付かなかったのですが、これがカナダを代表する
ダウンジャケットメーカーの名前にもなっているグースだそうです!
 
f:id:YukonWhitehorse:20210404054029j:image
誰かが置いたパンをひたすら食べていました。
 
 
こんな住宅街に現れるなんて、それだけ生息数が多いと言うことなのですかね。
 
これがあのカナダグースのグースかー!
と、お散歩をしながらカナダにいることを改めて感じさせられました。
 
 
私が愛読している、マニトバでカナダグースの工場で働かれている方の昨日のブログにも
カナダグースからカナダに住んでいることを感じたと言うようなことが書かれていて
勝手に親近感を沸かせていました。
話の繋げ方というか、ギャグセンス?!があって読んでいて面白いので
是非読んでみてほしいです。 
 
それにしても、縫製工場で働かれているのが結構羨ましいです。
規模が大きそうなので環境的にどうなのかは分かりませんし、実際今も私は縫製のお仕事をしているのですが
やっぱり洋服を作る工場も一度経験してみたいな〜と思ってしまいます。
 
 
 
そして最後にもう1枚お散歩中に撮った写真がこちら
 
f:id:YukonWhitehorse:20210404054114j:image
バス停の看板です。
 
これを見て、カナダ在住の方は何を思うのでしょうか?!
お住まいの地域と同じような感じで、特に違和感なしでしょうか?
 
私はこの看板が、とっても親切に思えてなりませんでした。
 
と言うのも、ユーコンにある停留所の看板ってこれなのです。
 

f:id:YukonWhitehorse:20171117145544j:plain

これ色味的にも遠目だとほとんど目立ちません。
 
しかも、バス内で次の停留所の案内(アナウンスや電光掲示板など)は一切出ません。
ベンチや風よけのブースも主要な停留所にしかないので、目的地によっては目印になるとも限りません。
 
冬はバスを洗えないからか窓が泥だらけで外の景色がよく見えなかったり、夜だとそもそも暗くて見えにくかったりして
慣れていない場所やルートだと、次の看板を見つけるのに必死で
かなり緊張して乗車することになります。
 
コロナやアジア人ヘイトの心配もあるので、一人でバスに乗る機会はほぼないのですが
エドモントンではユーコンの時ほどバスに乗る難易度は高くなさそうですね♪
 
 

👇ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♪


カナダランキング