ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

未だに単位が分からない!

スポンサーリンク

お久しぶりです。なんだか随分と間が空いてしまいました。

新しい趣味(冬限定の趣味だった編み物の延長な感じです♪)f:id:YukonWhitehorse:20180428111349j:image
が出来たり、職場に新しく入ったスタッフのトレーナーに任命されたりして
常に頭がグルグルしていますが、元気に生きています!
 
 
ようやくユーコンも暖かくなってきました!山の頂にはまだ雪がありますが、道路や屋根の上は完全に溶けています。
日陰地帯や風が吹くと寒いので私はまだヒートテックとウルトラライトダウンが必要ですが、ユーコナー達はそろそろ半袖短パンで行動するのではといった陽気です。
 
 
 
外国暮らしを始めて、言語が世界で統一されていたら良いのに…なんなら世界中日本語が通じたら楽なのになんて思った事のある方は少なくないかと思います。
私はそれに加えてお金も共通だったら良いのになんて思っていたのですが、最近更なる願望を抱いてしまいました。なんて勝手な願望。。
 
で、それが単位です。
 
まず重さの単位。
以前スーパーに関する記事でも紹介しましたが、こちらはグラムやキロではなく、ポンドなんですね。
職場の先輩と、ハウスキーパーをするようになって痩せたという話をしていた時に先輩は13パウンド痩せたと言ってきたのですが、とっさにキロに変換出来なくて
なんとも微妙なリアクションをしてしまいました。。0.5キロ痩せた!って言うよりも1パウンド痩せた!のがより痩せたように聞こえてなんだか良いですね♪
 
次に長さの単位。
こちらでもセンチを使う事もあるようですが、インチのが目にする機会が多い気がします。
職場でマットレスカバーを新調するためにサンプルが送られてきたのですが、大きいようなので採寸し直してまたサンプルを送ってもらって…という作業を何度か繰り返しました。おそらく私たちが採寸して提出した寸法はインチ表記。しかしサンプルはセンチ表記で作られていたのでぴったりのものがなかったようです。お互いが当たり前と思っていた単位が違ったという。。そういう意味でもややこしいから統一して欲しいですね。
 
最後に、温度の単位。
日本だと摂氏(℃)ですが、こちらでは華氏(℉)も使います。
 
余談ですが、私は華氏の英語Fahrenheitが未だに発音できません。というか難しすぎて覚えられない。インデイアンのコワーカー(カナダ在住6年)は消化器Extinguisherが未だに言えないというか覚えられないみたい。お互い逆は言えるから不思議です。
 
私の家のオーブンは華氏で温度表記されるものなのですが、つい最近まで摂氏だと思い込んで使っていました。
オランジェット用にオレンジを乾燥させるべく摂氏120度くらいで温めていたつもりでしたが、全く乾燥しませんでした。
f:id:YukonWhitehorse:20180428111702j:image
またポテトを焼くのに摂氏220度位で1時間焼いたはずなのにポテトに全く火が通っていなかったり。
f:id:YukonWhitehorse:20180428111711j:image
さすがにおかしい!壊れてるのか?!と思い温度を上げられるだけ上げてみようとした時に500度以上いったのでようやく気付きました。
あ、さてはそち華氏ですな?!と…
 
 
それぞれいろんな理由で定着している単位が違うのでしょうから、カナダで生活する以上はこちらの単位に慣れてしまった方が便利なのだろうとは思います。が、英語がペラペラになるのとこっちの単位を使いこなせるようになるのと、どっちが先かなと思うくらい私には時間がかかりそうです。。