ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。また私の趣味に関する事も書いているので、カテゴリー欄より興味のある項目を選んで覗いてもらえたらと思います。

カナダの振り幅が広すぎる件

スポンサーリンク

このところ考えていることや楽しかった事など、書きたいことがたくさんあって

投稿が追いつきません。
 
とりあえず今言いたいことは、
ユーコンでもランボー5が上映されますよー!!!!
ということですね。
 
我が家以外で楽しみにしていたユーコナーは一体いるのか謎ですが。。。
 
 
というか、本当に言いたかった事は別にありまして。←
 
 
今年の12月12日〜23日に開催されるクリスマスマーケットの出店が決まりました!!!
 
 
 
 
出店申し込みに際して、まずは募集要項的なものを読み込むところから始めました。
なんせ全て英語ですからね。
 
ディスプレイの仕方や、在庫管理など割と細かく規定がありました。
厳しい事が書いてあるわけではないのですけどね。
 
自分の作品をたくさんの人に見てもらうため、買ってもらうためには
必然的にやる事になるであろう事が書いてあった感じです。
 
 

 

 
 
その後グーグルフォームで、メンバー登録と今回の出店申し込みを行ったのですが
なかなか難しくて手こずりました。
 
今回参加させてもらうクリスマスマーケットは、Fireweed Community Marketというグループが主催しています。
夏の間シップヤードパークで開催されていたファーマーズマーケットと同じグループですね。
 
私たちはこのグループに所属していないので、まずベンダーとしてのメンバー登録が必要でした。
 
ブランド名や作品について説明したり、作品が見られるSNSの提出などをしました。
割ときっちりしていますね。
 
 
 
それから今回の出店申し込みのフォームも記入しました。
 
こちらにはブランドコンセプトというのか、長めの説明文が必要だったので
日本語の物を友人が英語に直してくれて、さらにそれを職場のカナディアンと
私のESLの先生に添削してもらいました。
 
そして何を売るのか、それをどうディスプレイするつもりなのかを記入する欄もありました。
 
実は私たちはまだ今回のマーケットで販売する作品を決めきれていないため
というか、どんなゴミが集められるかによって作るものも変わってくるので
なかなかアバウトな記入になってしまいました。
 
ここまで書かせるという事は、どんなものを販売するつもりなのか
どれだけ準備ができているのかも審査に関わるのかも?!とドキドキしながら申請しました。
 
 
 
申請後は、一定の期間内に出店料の請求書が届くという案内だったのですが
規定の最終日になっても何一つ連絡がありませんでした。
 
もしかして記入が不十分だったり、SNSの投稿で一部日本語のものもあるので
今回は落選という事なの?!と一旦落ち込んだのですが
ここはカナダ!もしかしたら…という事もあるかもしれないと思い
担当者にメールで問い合わせてみました。
 
すると、請求書を何かのソフトを使って作成していたようなのですが
どうやら請求先(私)のメールアドレスを間違えて入力してしまっていたようです。
 
 
 
 
 
…コピペしよーぜ。
 
 
 
 
 
募集要項に細く色々書かれていた事もあり、結構意識高めというか
プロ思考な団体なのかと思って身構えていましたが
中身はやっぱりカナダだったようです。
 
 
というわけで安心して、しっかり準備に取り掛かりたいと思います!