ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

ユーコンでパリピデビュー?!

スポンサーリンク

最近は朝の気温がマイナス5度なユーコン
職場に着くまでに手がキンキンになります。2分でキンキンです。
そろそろ手袋の出番ですね。
 
 
先日パーティのお誘いを頂いたのですが、まさかのダブルブッキングで1日に2件のパーティに参加してきました。
 
一つは、以前住んでいたハウスシェアのオーナーのお母さんの80歳バースデイパーティ。”の”が多すぎですね。
今年はもう一緒に住んでいないけど、数ヶ月前から誘ってくれていました。
こういう繋がりは大事にしたいですね。
 
 
今年はファーストネーションの集会場?のようなホールでの開催でした。
去年よりも建物が(中も外も)立派なので、余計に80歳という節目に気合を感じました!
もちろん今年も100人規模ですが、テーブルには綺麗な生花まで飾ってありました。
f:id:YukonWhitehorse:20180919142547j:image
よく見ると趣旨違っちゃってますけどね。
f:id:YukonWhitehorse:20180919142613j:image
全席このリボン付いてましたけどね、まあ結果めでたいから良いですね。
 
 
お料理も、去年は100人規模のポットラックだったのでとにかく量が多い上に何が何だかわちゃわちゃした感じでしたが、今年はケータリングなのか料理担当がいたのかしっかり器やレイアウトもまとまっていました。
 
そして、もちろん今年もありましたっ
フィリピンのお祝いメニュー、豚の丸焼き!!
(なかなかリアルなので苦手な方はごめんなさい)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:YukonWhitehorse:20180919142702j:image
f:id:YukonWhitehorse:20180919142706j:image
 
 
以前一緒に住んでいたコリアンレディや、春まで一緒に英語クラスで勉強していたインディアンママ、そして友人宅のパーティで知り合ったカナディアンにも会えました!
 世間、というかホワイトホースは狭いですね。
 
出席者の90パーセントはフィリピン人で、しかもその内の80パーセントは親戚なんじゃないかと思う程家族が多いフィリピン。しかも、ビデオレターでさらにフィリピンに住む親戚が登場していましたよ。大家族が過ぎるよフィリピン人!!
 
私は典型的な核家族で親戚付き合いも濃い方ではなく、従兄弟も全部で3人(みんな結構年下)しかいないので、ちょっと羨ましい感じもしますけどね。
 
 
 
二つ目のパーティはコワーカーとルームメイト(カナディアン)主催のホームパーティ。
テーマはメキシカンということで、タコスとメキシカンミュージックが用意されていました。
 
コワーカーから、メキシカンだから明るい服を着てくるように連絡がありましたが、この前古着屋さんでゲットしたニットを早速着たかった私。
ベージュだけど強行して着て行ったら、なんとコワーカーは真っ黒のワンピースっていう。。何が明るい服でよろしくだー!
 
 
参加者の中に、英語クラスのクラスメイト(コスタリカ)もいました。彼女はルームメイトのカナディアンとお友達だったようです。
本当にホワイトホースは狭いですね♪
普段しないようなプライベートなお話も出来て良かったです。
 
 
既に一つ目のパーティでたくさん食べてお腹いっぱいでしたが、せっかくだしとタコスもいただきました。
バイソンのお肉もありました!バイソンは水牛らしいです。特に臭みも味も感じませんでした(⁈)
 
 
参加者が日本人以外はジャマイカ、スペイン?と音楽好きが多く、終盤はみんなで踊ってました。
こういうノリって海外特有なんですかね?
私自身日本にいる時よりも、音楽に合わせて自然と体が動きやすいように感じます。
日本では周りの目を気にしすぎていたのですかね。
 
私は日本でクラブに行ったことがないので、みんなで踊るというシチュエーションに遭遇したことがないし、カラオケで盛り上がってみんなで踊るといった経験もないので、とっても新鮮で楽しかったです♪
 
こういう時に一緒に踊れないのが日本人ってイメージだし、自分も例外なくそうなのかなと思いましたが、意外と抵抗なかったです。お酒の力?外国にいるから?
 
 
仕事終わりにパーティをはしごする人生が自分に起きるとは思いもしませんでしたが、とっても楽しい時間を過ごせました。
ホワイトホースでの出会いに感謝です♪