ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。また私の趣味に関する事も書いているので、カテゴリー欄より興味のある項目を選んで覗いてもらえたらと思います。

え、今ですか…

スポンサーリンク

以前こちら↓の投稿で、日本帰国時に歯医者さんをハシゴして虫歯の治療をしてもらった話をしました。

 
実はその時に、歯医者さんによって違う見解がある事を知りました。
 
 
実家を出て1人暮らしを始めてから通っていた歯医者さんAは、とにかく歯を温存したい
極力削りたくない方針でした。
 
一度削ったら再生しないし、削ったところの詰め物は一生物というわけではなく
また詰め物の中に虫歯ができる可能性もあり、そうすると更に歯を削らなくてはいけないから…
みたいな理由だったと思います。
 
なので小さな虫歯は、見つけても削ることはせずそのまま経過観察をします。
とは言え、3ヶ月毎の定期検診に行ってもリクエストしない限りは衛生士さんがクリーリングしてくれて先生が診る事はなく終わりでしたけど。
 
カナダに行く時も、今治療できる歯は全て直して欲しいと伝えましたが
今治療出来るところはないので、むしろカナダでの生活を意識するよう言われました。
食べるものが変わったり、生活リズムが変わる事で虫歯が出来やすくなることもあるのだとか。
 
そして今回訪れた際も、問題の歯以外は特に直すべきところはないと言われました。
 
 
一方子供の時に通っていた実家近くの歯医者さんBでは、幾つになっても子供扱い
という節があるので(きっと皆さんにもそんな掛かり付け医がいますかね)
 
歯医者には痛くなってから来るんじゃダメなんだからね!
ここ鏡で見てごらん、黒くなっているでしょう!
ほら、ここもここも虫歯なんだから!プンプン!
 
みたいな感じで怒られました。
(実際には本気で怒っている訳でも、プンプン!と言っていた訳でもありません。ただの誇張です)
 
 

 

 
 
えっと…日本を出る前の3、4年に関してはきちんと定期的に歯医者Aに通っていたんだけどな…
虫歯があるとは聞いていなかったんだけどな…
 
 
と歯医者Bで驚愕の事実を知ったのですが、今思えば歯医者Aには上記のような方針があったので
それに則った見解しかお話ししてもらっていなかったということなんだろうなと気づきました。
 
歯医者Aは全部の歯のレントゲンをとって、実際の歯はチェックせずに診断していました。
逆に歯医者Bは歯を見て黒くなっているところ、深そうなところのみをレントゲンで撮っていました。
 
 
日本にはコンビニの数以上に歯医者さんがあると聞くので、それぞれ特色を出していかないと
生き残れないのはリアルな話でしょうし、歯医者Aがヤブ医者とも思いませんが
お医者さんが言うことはなんでも信じると言う姿勢が自分にあったことに少し反省しています。
 
 
 
なぜ今更歯医者さんの話を蒸し返しているのかと言うと、、、、
 
先週突然銀歯が取れました!!!!
 
今回日本で電動歯ブラシを購入したのですが、磨きやすいし気持ちよくて
ふんふんふ〜ん♪と鼻歌まじりに上の歯をみがいていたら
突然抜け落ちました。。。
 
もう、本当に突然のことすぎて
しかも舌で抜けた場所を触ってみるとボコッと穴が空いていて
一瞬何が起きたか分からなくなる程驚きでした。
 
つい数週間前に全部の歯のレントゲンを撮ってもらったのに…
 
 
と言うことで、恐れていた外国での病院通いが始まりそうです。。。
 
 
ユーコンでも歯科治療は保険が効かないので、会社にあるグループの保険に入れてもらうか
私の職場のようにそういったベネフィットがない人は、プライベートの保険に入るようです。
全額実費だととんでもない額になりますからね。。。
 
まだどんな保険会社があるかなど調べているところなので、歯医者さんの様子とともに
進捗を報告したいと思います。
 
 
 
ところで日本で買った電動歯ブラシは音波振動が売りのDoltzです。
 

 
機能的にはシンプルなのですが、ピンク色がかなり気に入っています。
 
それと専用の歯ブラシでとっても極細タイプのものがあるのですが、それを使うと
歯の隙間にしっかり入り込んでくれます。
もうフロスを使う必要がないのでは?!と思ってしまうほどスッキリするので
オススメです♪