ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。また私の趣味に関する事も書いているので、カテゴリー欄より興味のある項目を選んで覗いてもらえたらと思います。

ユーコンに移住する為の初期費用

スポンサーリンク

今回はコメントで質問頂いたお金に関して書いていきます。

 

このブログは、ユーコン情報が欲しいけどなかなかリアルな情報を見つけられない!

と私自身が困った経験から、なるべく多くの同じように情報収集に苦戦している方の役に立てれば…という趣旨で始めました。


なので頂いた質問で、多くの人が同じような疑問や不安を持つかもとしれない

と思った内容に関しては、コメントではなくあえて記事にして残すようにしています。

もしかしたらあなたの疑問が、今後誰かの疑問になるかもしれないので、何か知りたい情報などありましたら遠慮なくコメント下さい♪

私の知っている情報であればシェアしていきます。

 

f:id:YukonWhitehorse:20180123141919j:image

 

 


前置きが長くなりましたが、お金の話をしていきますね。
当然ですが、お金はあればあるだけ安心です。
たくさんあれば、なかなかスムーズに仕事が決まらなくても変に焦る事も無いでしょうし、気にいるお家が見つかるまでホテル生活を続ける事も出来ますね。

 

ユーコンで家探し職探し - ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

ユーコンで家探し職探し② - ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

 

上記の記事で、私たちがユーコンに来てからお家&仕事が決まるまでをザザザッと書いています。

いろいろと早い段階で決まったので、我が家では初期費用はほとんどかかっていなに方かと思います。

 

私はセブからユーコンに直接来たので、手持ちのお金はフィリピンペソのコインと日本円が3万円位でした。

かなり少ない上にカナダドルを持っていないという不思議な状況ですが、ユーコンで夫と合流する予定だったしそもそも現金を持ち歩くのが怖かったのでこんな感じでした。


ちなみにユーコンでも両替屋さん?はありますが、相場はどうなんでしょう…(そもそも日本円からの両替ってやってくれるのかしら)


そして夫は一足先にカナダ入りして中古車を購入し1人旅をしていたのですが、

私と合流した時に持っていたお金は80万円分位のカナダドルでした。

 

 

お家が決まり、とりあえず当月分の家賃を支払いました。

私のお家はありませんでしたが、居住形態やオーナーさんによってはデポジット(万が一家賃の延滞が発生したり、夜逃げ?した時用の保険)やダメージ(万が一何か壊したりしてしまった時の修理費)で

それぞれ家賃1月分を家賃と一緒に最初に支払う場合もあります。

 

その後銀行口座を開設したのですが、口座維持費を取られるプランが嫌で(こっちだとそれが普通なのか結構多いです)

$3000常に口座に入ってれば維持費がかからないプランにしました。

$3000入れたものの、まだ仕事が決まっておらず心もとなかったので

とりあえず50万円程日本の銀行からカナダの口座へ送金しました。

 

 

その後はありがたい事にスムーズに仕事が決まり、こちらではお給料日が2週間に1回あるので何だかんだ最初の手持ち現金とお給料だけでやっていけてました。

日本の銀行から送金したお金も、口座維持費削減の為に預けっぱなしです。

 

夏は私の仕事が繁忙期で週6勤務だった事で、あんまり遊ぶ余裕が無かったからかもしれませんが。

それでもカヌーは二回レンタルしたし、遠くの街へドライブしたり

キャンプしに行ったりと、切り詰めている意識はなく楽しく過ごせていました♪

 

 

という事でまとめていきます。


金銭感覚や生活スタイルは様々だと思うので、金額ではなく、最初にお金が必要になる項目でまとめていきタイト思います。

 

・車

運転する予定の方は予め予算を確認しておきましょう。

保険も入らないとですね。

 

・家賃
場合によっては初月のみ家賃×3かもしれません。

まずは相場を把握しつつ、どのような形態のお家に住みたいのか希望条件を決めておきましょう。

特に冬はお家で過ごす時間が長いので、お家が自分にとってリラックスできる空間であるかは非常に大切かと思います。

 

・生活費
スーパーで買う食材は日本と同じか若干高いかな?という印象です。

日本で今自分がどれくらい食費にお金を使っているのか把握出来ていると、イメージしやすいですね。
お肉は鶏肉が意外と高いです。

 

シャンプーや洗剤の値段は日本より高かったりしますが、ボトル自体が大きいので

実際は大差無いのかなと思います。

余談ですがトイレットペーパーも結構大きなパッケージで売られています。

しかし日本みたく持ち手が付いていません。

仕方なく抱えて持つのですが、これバスの人は大変だなーとふと思いました。


外食は、日本のように安くて美味しいお店はほとんどありません。

ファストフードかレストラン。

そんな中でカナダ人大好きなTimHortonsは意外とメニューの種類が豊富で、ドリンクも安いので重宝しています。

 

・その他
お家がアパートタイプだったり、家具付きじゃないお部屋だった場合、ベッドやら食器やら自分で揃えなくてはいけないです。

ただ家具なしアパートでも、冷蔵庫や洗濯機など大きな家電は付いている印象です。

 

後はネットが付いてない場合があるので、その際は家賃にプラスして自分で毎月払う必要がありますね。

ネットは一社独占状態なので日本よりかなり割高です。

実質使い放題みたいなプランは無いです。。

 

車を買う予定が無い方はバス移動になると思うので、バスチケット($62/月)がお得ですね。

1回ずつだと$2.5です。
ちなみに学生さんは学生証を見せれば無料でバスが利用できると聞きました。

お得ですね♪

 

 

 


長くなってしまいましたが、だいたいこんな感じだと思うので

ご自身の生活スタイルに当てはめて、目標金額なり計画を立てていただければと思います!