ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

ユーコンノミニープログラム承認されました。

スポンサーリンク

 

 
やっと落ち着いたので書けます。
私、ユーコンノミニー承認されました!!
 
以前のノミニーカテゴリー記事を書いた後から、畳み掛けるように事が動き出し、アラスカへ行きワークパーミットの更新をして、無事ノミネートされた感じです。
私の場合は、申請書類を提出して承認されるまでがちょうど3ヶ月で、その後の諸手続きを済ませて完全に終わるまでに101日かかりました。
いやー長かった。
 
この記事の後最初に上司が連絡をしてくれた時のガバメントからの返答は、
スタッフが足りなくて審査が遅れている。来週新しいスタッフが入るから再来週もう一度連絡してくれ。
でした。ちなみに再来週ってビザ切れる一週間前ですけど、、っていう状態。
 
さすがに上司もそれはやばいと思ったのか、来週になった時点で再度連絡をしてくれたのですが、その時に案内されたのが
ビザの延長申請を出してくださいとのこと。
え?!もう間に合わないの決定ってこと?そもそもビザの延長って一回ならできるって聞いたことあるけど、それ今回使ったらPR申請してる時に延長できないってこと?いや、そもそも私ワーホリビザですけど延長って出来るんですか????
という具合にもうパニック。けど、上司が延長は1回だけではないから大丈夫と確認してくれたのでとにかく延長申請しなくちゃ!と書類を準備して、翌日には夫にガバメントオフィスに持って行ってもらいました。
 
しかし、私はまだノミネートされた訳ではないのでビザの延長は出来ないと言われたようです。
そして、私の審査はほぼほぼ終わっていて後はインタビューを受けて誓約書にサインをするだけだから大丈夫と。
。。。。え、そちらが申請しろと言いましたよね?!。。。。。前回案内してくれたのはもしや新人か?!
 
ということで、コワーカーが申請した時のレターを使い回しさせてもらったりドタバタ書類の準備をしたのに要らなかったという無念極まりない結果。
しかし、もうゴールがすぐそこにあることだけは分かったので少し安心しました。
 
 
その後インタビューについても、上司不在で受けられる(上司は上司で電話でガバメントの方とお話するみたい)という事で受けに行きました。
移住についてやカナダ、ユーコンについて質問されました。堅苦しい感じでなく結構カジュアルな感じだったので、そこまで緊張せずにユーコン愛や幸せ家族計画について話せました。
 
 
私はこの後の流れを完全に勘違いしていたのですが、インタビューを以って審査が終了し、ノミニーは承認されました。
そしてその後、先にワークパーミットの更新をします。
そして新しくゲットしたワークパーミットを持って、ガバメントオフィスに行き誓約書にサインをして完全に終了(PRの申請ができる状態)となります。
この誓約書は、ユーコンガバメントと雇用主、自分の三者間で署名しなくてはいけないので、上司が同席しなくてはいけませんでしたが、直属の上司はトロントにいたので他の上司でちょうどユーコンに来ていた上司が代わりに出席して署名してくれました。それでも大丈夫なのね。
 
 
誓約書の中に、雇用主が私を保険に入れなくてはいけないみたいな一文があり、ガバメントからも、当日ユーコンの保険証かもしなければ加入している保険の証明書を持ってくるように言われました。
私はユーコンの保険証を持っていなかったので即日申請に行きましたが、発行までに3ヶ月かかるとのこと。なので、それまでの間何かしらの保険に私を雇用主が加入させないといけないとのことで、これも即日対応で旅行保険みたいなのに入れてもらいました。
 
もちろん決まりなので、ノミニーサポートすると会社側が判断した以上は当たり前のことなのかもしれませんが、金銭的にも時間的にも私のために費やしてくれているのが分かって感謝感謝です。しっかり仕事で恩返ししないとなと改めて思いました。
そして、英語がポンコツな私に代わって対応してくれたり動いてくれた夫にも感謝感謝。
 
 
無事三者間での署名をして、本来ならその場で誓約書のコピーをもらってその場で終了となるようですが最後の最後まで問題続きで、プリンターが動かないと。。。
結局その日はコピーはもらえずメールで送ると言われたのですが、そのまま週末をまたいで月曜日に(おそらく上司が催促してくれて)やっと手にできたのでした。
 
 
そして今はPRの申請をすべく書類作成に勤しんでいます。
自分たちで用意するドキュメント(出生証明とか)は準備出来ているのですが、その他のフォームに入力するタイプの物の説明が分かりにくくて苦戦しています。
お休みの日はなるべく夏を満喫したいので、仕事の日の夜にコツコツやっていますが、なんとか7月中には申請したいと思います。
 
 
 
勢い任せで長い文章を最後まで読んでくださった方ありがとうございます。
お疲れさまでした。
ごちゃごちゃして分かりにくいと思うので、プロセスやポイントは改めてまとめたいと思います。