ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

私ユーコンで夢、叶えちゃうかもしれません

スポンサーリンク

実は昨晩夫がカルガリーから帰ってきました!!
予定よりも2日早かったのでだいぶ驚きましたが、より道もせずひたすら運転しまくって帰ってきてくれました。
前回の日本一時帰国(10日間)や、セブ留学中(1ヶ月)はあまり寂しいとは思わなかったのですが、今回はちょっと寂しさを感じていたので余計に嬉しかったです。
きっと夫も寂しかったのかも?!…どうだろか?
 
車は思っていた以上に綺麗で、今日友人を乗せたら新車かと思ったと言われました。
サイズは以前のものより少し小さくなるので、キャンプ用品をポコポコたくさん置いてしまうと車内泊が難しそうですが、以前のものが広すぎただけなのですぐに慣れるかなと思います。
 
以前の車は古いけど、なんだかんだで愛着が湧いていたので、友人が引き取ってくれたのはとてもありがたかったです。
友人家族をたくさん素敵なところへ運んでおくれ♪
 
 
 
f:id:YukonWhitehorse:20180914152059j:image
 
先日とてもポジティブな1日を過ごせました。
その日はもともと気持ちが落ち気味だったのですが(女子特有なね)、まずコワーカーに元気をもらいました。
 
彼女は21歳生粋のユーコナーなのに、前職がレジ打ちで現職はハウスキーパーにピザのデリバリーです。
どの仕事も大事な仕事である事は間違いありませんが、私の心の中にはもったいないという思いがありました。
英語ネイティブなんだから、もっとお給料の良い仕事やスキルを身につけられる仕事に就けるのに、と。
 
しかし、彼女には特に夢がなく、仕事もこだわりがないようでした。
最近の若い子は欲が無いってことなのかな…と強引に納得しようとしていたのですが、割と常にやりたい事があってそれに向かって進む事を楽しんでいる自分には、なかなか難しい作業でした。
 
そして先日たまたま彼女と話していたら、セカンドジョブであるデリバリーの時間を増やすと教えてくれました。
そんなに稼いで何か欲しいものでもあるの?と聞くと、オーストラリアに住んでみたいと思って、という想定外の返答がありました。
そしてそれは彼女の中で明確な目標となっているようで、ワークビザの申請に$◯◯必要で、残高証明として$◯◯、飛行機代で$◯◯で必要だからお金貯めなきゃなんだ
と細かく教えてくれました。
 
もともと考えていた事なのか、最近出会った夢なのかは知りませんが、彼女が話してくれた事と、彼女にも夢があった事が嬉しくて、心から応援したいし、心がホクホクしてとっても元気をもらいました。
 
 
そして同じ日に、最近知り合った日本人のお友達が、運命の友人であった事を知りました。
 
私は元々もの作りが好きで服作りから始まり刺繍、編み物、靴、キャンドルといろいろ手を出してきました。
そして若い頃は、小さな自分のお店を開くのが夢でした。自分が作ったものをお店に並べて、店番をしながらミシンを踏んで。という生活を夢見ていました。
その後現実を生きている内にその夢は少しづつ形が変わっていき、結婚をして、今ユーコンにいます。
 
ユーコンに来てからは特に時間があるので、ちょこちょこ手を動かしています。そして、来年にはハンドメイドマーケットに出店しようと考えています。
住む場所や環境が変わっても、やっぱり好きなものはそう変わらないみたいです。
そして若い頃からの夢も、一時(東京にいた時)は自分は挫折したのだと思っていましたが、より現実的なものへとブラッシュアップされて今も心の中にありました。
 
…自分の話が長くなりましたが、実は彼女(運命の友人)も自分と似たような夢を持っていたのです。
しかも、何かと共通点が多く、まさかの出会った場所がユーコン
これは運命の出会いだと確信してしまいました。そして彼女も同じ事を感じてくれていた事が嬉しかったです。
 
お互いに日本にいたら、出会えていない気がします。
日本人同士だけど、お互いがユーコンに来たから出会えたのだと思います。
同志の存在は思いを強くするし、何より元気が出ますね。
 
 
という事で私、ユーコンで夢、叶えちゃうかもしれません♪
 
コワーカーと友人二人の存在にたくさん元気をもらい、夫が帰ってきて更にHappyになった私でした。