(カナダ)に移住してみたブログ

2017年夏に夫と2人ユーコンに来て、2019年に永住権を取得しました。ユーコンの自然に魅了されてから環境問題に意識が向くようになり、ゴミを減らす方法やアップサイクルに興味があります。今は古着や廃材を使ったハンドメイドをお仕事にしようと奮闘中です。

オススメ英語図書教えてください!

スポンサーリンク

昨日は-15℃ない位で久しぶりに雪が降ったのですが、職場でもESLクラスでも
-40℃に比べたら雪降りのが全然良いね〜とみんな言っていました。


しかしNewfoundlandのような大雪は困りますね。
日本でも報道されていたようで、母からユーコンは大丈夫?と連絡がありました。


基本的に気温がマイナスになったらスカートは履かないのですが、今日は調子に乗って
超極暖ヒートテックレギンスに裏ボアスカート(膝上丈)+レッグウォーマー
という出で立ちでしたが、外にいる時間が極々短いのもあり、特に寒いとは感じませんでした♪


ユーコンではオシャレは我慢という言葉は通用しないので、冬にオシャレをしたいなら
少しずつ体が寒さに強くなる訓練をするのみですね。(いや、実際そんな訓練あるのだろうか)

 

 

 


前回の記事で書いたように、俄然英語学習へのスイッチが入った私ですが
その勢いのおかげで、今月の読書が完了しました!


読んだ本はこちら

 

 

 

 

 

 

 


ユーコンでの金採掘に関連したストーリーなので、ホワイトホースやドーソンシティなど
馴染みの地名が出てきたりして、親しみやすく読みやすかったです。


ユーコンに関連がない方でも面白いと思いますが
ユーコンに住んでいる方はもちろん、これからユーコンに来る方が読んだら
あ、ここがあの本に出てきた場所だ!と発見出来たりして、一層楽しいだろうなと思います。


ストーリーの中で実在する銘柄のビールが出てくるのですが、夫は気になって
すかさずそのビールを買っていました。

 

 

毎月一冊英語の本を読む
という目標を立てているので、あと一週間を残して読了できたのはなかなか幸先が良いです♪


次月は何を読もうか、今いくつか候補を出しています。


英語レベル的には高学年か中学生位がちょうど良いのかなと思っているのですが、
内容的には高校生位の方が入り込みやすいなと感じています。


長すぎたり、難しすぎるとひと月で読みきれないでしょうし
毎月末の本探しに苦労しそうな予感です。

 

そう言えば来月に映画公開予定のTHe Call Of The Wildというお話も、ユーコンが舞台となっているようです。

日本語バージョンは野性の呼び声というタイトルで出ています。

私にはまだ難しそうなので、未来の候補として取っておこうと思います♪


もしどなたかオススメの本があったら教えてください☆

 

 

 

 


の前ツイッターで、ポメロという柑橘フルーツの存在を知りました。


とっても可愛らしいネーミングですが、サイズ的に文旦かな?と思い調べてみるとやはりそうでした。


日本ではスーパーのちょっとお高いフルーツコーナー(シャインマスカットや籠盛りが置いてある付近)にあるイメージだったので
これまで手に取った事がなかったのですが、まさかのカナダで初体験しました。

 

f:id:YukonWhitehorse:20200124161342j:image


めちゃくちゃ大きいです。

葉っぱは偽物です。


価格は$2弱ととってもお手頃でした。
おそらく通常価格です。


剥いてみたらコンテナモリモリになってしまいました。

 

f:id:YukonWhitehorse:20200124161403j:image


酸っぱすぎず甘すぎず、ジューシー過ぎず

はっさくのような粒感?もあって
美味しかったです♪


ただ1日かけて半分以上を1人で食べたので、トイレの回数がとっても増えました…!
冬は水分摂取量が減りがちなので結果オーライですかね?!

 


意外と試したことのない野菜やフルーツがカナダにはたくさんあるので
食に関してはあまり冒険しないタイプですが、今後少しずつ試していけたらなと思います♪

 

 

 

ブログランキングに参加しています。


カナダランキング