ユーコン(カナダ)でサステナブルな暮らし

カナダのど田舎ユーコンへ移住し、手付かずの自然を前にようやく環境問題への意識が芽生えた30代主婦が 地球も自分も健康的でミニマルな生活を目指すブログです。

気温とともにハンドメイド熱も上昇中です

スポンサーリンク

 

 
 
 
このところようやく仕事にも慣れてきた気がしていて、それによる心の余裕なのか
勤務(ミシン)時間が増えている影響なのか、お家でのハンドメイドに対するフットワークが軽くなった気がします。
 
 
 
 
f:id:YukonWhitehorse:20200207160235j:plain
f:id:YukonWhitehorse:20210502125551j:plain



このリメイクデニムスカート実は太もものあたりに一部分うまく縫い合わさっていない部分があって、寒い日だと地味にスースーするんですね。
でもその部分を縫うためだけにミシンを出すのが面倒で、、、ずっと放置していました。
 
それがついこの前、風が吹いている日にスーパーに入るため外で並んでいたら例のごとくスースーしたのがきっかけで
帰宅するなりチャチャっと直すことができました。
そしてついでに前々から頼まれていて流していた夫の部屋着の裾に入っているゴムの付け替えもやれちゃいました。
 
今使っているミシンは家庭用なので全然重たくないし、作業自体も10分15分で出来る物なので
やってみたら一体私は何を面倒くさがっていたのだかって感じでした♪
 
 
これで火がついたのか、週末になると何かしら作りたい欲がむくむくと沸き上がってきています。
 
 
 
以前この記事で載せた玉ねぎの皮で染め(て失敗し)たトップス。
f:id:YukonWhitehorse:20210502125714j:image
 
デザインが気に入ってユーコンのダンプで拾ったものの、形が体型に合わない気がして
ずっとしまわれていたのですが、ふと思いついてこんな物に変身させてみました。
 
 
f:id:YukonWhitehorse:20210502125647j:plain
f:id:YukonWhitehorse:20210502125651j:plain
 
襟部分と胴体部分に切り離して、付け襟とバッグになりました♪
 
バッグは生地も形もエコバッグのような感じで使いやすいです。
つけ襟は切りっぱなしの状態なのでもう少し手を加えようかなと思いつつ、フーディの上に付けてちょっと外したコーデを楽しんだりしています。
写真撮れば良かった…!!
 
クローゼットに眠らせたままでは結局ゴミを拾っただけだったので、うまいことアップサイクルできて満足です。
しかも捨てた部分が一切なかったというというのがとっても気持ち良かったです!
付いていたレースは取り外して別の機会での出番を待っています。
 
新しいものを考えて作り出した達成感や満足感よりも、今あるもののポテンシャルを引き出す方法を見つけて新しい価値を作るアップサイクルの方が
私のモノづくりに合っていて、より高い達成感や満足度が得られることを再認識しましたね。
これをビジネスに持っていく方法が未だに確立できていませんが。。。
 
 

 

 
そして先週はミシンではなくクラフトでアップサイクルを楽しみましたよ。
 
f:id:YukonWhitehorse:20210502125801j:plain
f:id:YukonWhitehorse:20210502125754j:plain
 
普段バッグには携帯用サイズの小さいハンドクリームをいれているのですが、ハンドクリームの容器(歯磨き粉のようなチューブタイプ)って
最後まで中身が出し切れないし、使い終わったら確実にゴミになりますよね。
しかも小さくてすぐ使い終わるからゴミが出る頻度も高し…
 
そう思ったら、繰り返し使える容器があれば良いじゃない?!となりこれを作りました。
作りましたというか、デコりましたですね。
 
この容器元々は、ユーコンで働いていたホテルで提供しているアメニティで
バスソルトが入っていた容器です。
ただ捨てられていくのがもったいなくて、たまに持って帰っていました。
今思えばたまにじゃなくて毎回持って帰れば良かった。。
 
 
ユーコンに来たばかりの頃に突発的にどハマりしてしまった、タティングレースで作ったモチーフがいくつもあったので
それをベースに端切れやレース、最近めっきりやらなくなったネイル用のパーツなどを組み合わせたら
何だかとってもロマンチックな雰囲気に仕上がりました。
こういう雰囲気も結構好きだったりします。
 
 
中身はお家で使っているニベアの青缶特大サイズを移し入れています。
ニベアのクリームは硬めなので、きっちり密閉しない容器でも液だれする心配がなくて相性バッチリです。
青缶自体も使用後は違う用途で使われるので、これでハンドケア関連で出るゴミはゼロにできそうです!
 
缶の数が必要な分たまったら、今度は量り売りのお店で硬いテクスチャーのクリームがあるか探してみようと思います。
 
 
今週はがっつりミシンを踏みたい気分なので、完成したらそちらもまたお披露目したいと思います♪
 
 

👇ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♪


リメイクランキング