ユーコン(カナダ)に移住してみたブログ

永住権取得を目指し2017年7月に夫と2人ユーコンに来ました。ユーコン生活や永住権、英語などリアルな情報をシェアしていきます。

お家でキャンドルナイト

スポンサーリンク

夏の話になりますが、キャンプグラウンドに隣接する川にてそこそこ大きな木を拾って帰りました。

 

www.yukon-style.com

 

なんとなく気に入ったからって気軽に拾えるサイズじゃないですけどね。

ちょっと最近拾い癖がついてしまって…

f:id:YukonWhitehorse:20181027125220j:image

でも良いかんじのフォルムじゃないですか?

 

 

夏の間ずっとベランダに放置していて、いつか何かを作ろう、いつかいつか…と先延ばしになっていました。

 

特別な理由はないけど、なんとなく今は気分じゃない…みたいな感覚ってたまにありませんか?

そして何故だ分からないけど突然、今やろう!って俄然やる気になったりして。

 

 

まさに先日そんな感じでして、まずは木を削る為に彫刻刀を探しに行きました。

 

彫刻って英語でカーヴィングとか言うらしいので、ホームセンター的なところでカーヴィングナイフありますか?って夫が聞いてくれました。

 

最初に案内されたのは、森の中でランボーが使っていたようなゴツめのナイフ。サバイバルナイフって言うのかな?

確かにそれで木を削ったりもしますが、どちらかというと削った木で獲物を捕らえるのかなって感じのナイフでちょっと違う。。

 

違うセクションで聞いてみると、ミノのような形状の物がありました。

確かにこれなら木を削ったり彫ったり出来そうだけど、いかんせんサイズがデカイ…これだと細かい作業には向きません。

私がイメージしているのは、小学校の図工の時間に使ったような彫刻刀です。三角刀とかなんとか刀とかセットになっているやつ。

 

 

f:id:YukonWhitehorse:20181027125501j:image

こういうやつです。

 

 

 

 

 

…そう、買えました。ユーコンでも彫刻刀が買えました!

 

買えたんですけど、なんか物凄くチープでした。

まぁ値段が値段だしね。

これとかもう、そもそも曲がってるし。

 

f:id:YukonWhitehorse:20181027125542j:image

まぁ値段が値段だしね。。

 

それに既に創作意欲全開なので、使えれば道具はなんでも良しです!

夫と2人掛かりで、小さな穴を6つ彫りました。

 

f:id:YukonWhitehorse:20181027125706j:image

 

 

そしてそこに、ティーライトキャンドルを置きます。

 

f:id:YukonWhitehorse:20181027130810j:image

 

 

はい、キャンドルホルダーの完成です♪

点すとこんな感じです。

 

f:id:YukonWhitehorse:20181027125853j:image


f:id:YukonWhitehorse:20181027125850j:image


f:id:YukonWhitehorse:20181027125846j:image

 

1枚目めっちゃボケてますね。。私が撮りました。

最後の2枚は夫がデジタル一眼で撮ってくれました。

はぁー炎ってずっと見てられますね。癒しです。

 

 

水平に穴を開けるのが難しくてロウが垂れてしまいましたが、いろんな色のキャンドルを点して、垂れたろうが幾重にも重なっていったら味がでてより素敵な予感なので、結果オーライです。

我ながらお洒落なインテリアになったなと大満足です。

 

これはかなり大物なので、我が家のような物がほとんどないお家じゃないと置けないけど、

小さめの木でキャンドルも2、3個セット出来るくらいのサイズを作ったら、需要あるかも?!と妄想中です。

来年の夏は小さめの木を探そうと思います♪